滋賀県湖南市の歯科[スマイル歯科]のQ&A(歯が抜けてしまったら)です。

歯が抜けてしまった場合の治療方法のいろいろ

ブリッジ

メリット
1) 自分の歯と同じようにかむことができる
   ので、食べ物の味がよく分かります。
2) 費用をかければ、見た目の仕上がりも
   良くなります。
デメリット
1) ブリッジを固定するために、歯の抜けた
   周囲の健康な歯を削る必要があります。
2) 歯の抜けた部分の骨が次第にヤセいく場合があります。
3) 発音に問題のある場合があります。
およその費用
保険適用のものと保険適用されないものがあります。
見た目の良いものは保険適用外が多く高額になります。

入れ歯(義歯)

メリット
1) 一般的な治療ですから、
   比較的簡単に治療が受けられます。
デメリット
1) かみごごちが悪い場合もあり、
   固い食べ物では苦労する場合もあります。
2) 入れ歯に違和感を感じることがある方も
   いらっしゃいます。
3) 発音がうまく出来ない場合もあり、見た目も良くない場合があります。
4) 入れ歯の手入れが毎日必要となります。
およその費用
保険適用のものと保険適用されないものがあります。
見た目、使いごこちの良いものは保険適用外が多く高額になります。

インプラント(人工歯根)

メリット
自分の歯に限りなく近い人工の歯
1) 自分の歯と同じような感覚でかむことが
   でき、食べ物の味や感触が良く分かります。
2) 周りの歯を傷つけません。
3) 見た目は自分の歯とほとんど同じように
   きれいに仕上がります。
4) インプラントがあごの骨に力を加えますから
   あごの骨がヤセるのを防ぐと言われています。
デメリット
1) 歯を抜くのと同じ程度の手術が必要です。
2) 強度の糖尿病などの疾患の場合、インプラントができないことがあります。
3) あごの骨がやせている場合はインプラントができないことがあります。
およその費用
現在、保険適用はありません。
費用は見た目の良い入れ歯やブリッジと同程度です。
治療本数、部位などによって費用は異なりますので、お気軽にご相談ください。

入れ歯について

お口の中の状態は残っている歯の本数、場所、歯ぐきや骨の状態など人それぞれ違います。 だから当然、入れ歯も患者様に合わせてオーダーメイドとなります。 そして、入れ歯も保険が適用される一般的なものから、快適さ・見た目・機能性などを考慮した入れ歯(保険適用外)まで様々です。

保険の入れ歯と、保険外の入れ歯について

保険適用の入れ歯と、保険外の入れ歯では、「材料」「作り方」「形」が違います。それによって性能の差が出てきます。

Q.「材料」や性能はどのように違うのですか?

保険の入れ歯は、簡単に言うと、プラスチックが材料として使われています。しかしプラスチックは強度が小さいので、咬む力に負けないよう分厚さが必要になります。また、プラスチックというのは温度をあまり通しません。熱いものを食べてもあまり温度を感じないので、食事が美味しくないという感覚に結びついてしまいます。
それに対して保険外の金属床の義歯では、入れ歯の裏側などを金属で作ります。金属はプラスチックよりも硬いので、薄く作ることができ、お口に入れた時の異物感がとても少ないです。プラスチックよりも制度が高いので、密着感にも優れています。そして金属は温度を伝えやすいので、プラスチックの入れ歯よりも美味しい食事につながります。
もう一つの種類の保険外の入れ歯「ノンクラスプデンチャー」は、金属を一切使わず、柔らかい素材でできています。装着感や見栄えがよく、自然な義歯です。

Q.「作り方」や性能はどのように違うのですか?

保険の入れ歯では、まずロウでできた入れ歯のピンクの部分に人工の歯をつけ、さらに針金の部分をロウの中に埋め込んで、お鍋のようなものでグツグツ炊きながら作っていきます。固まる時に入れ歯のプラスチックの部分が多少変形してしまいます。
保険外のチタンやコバルトなどの金属床入れ歯は、周辺などにプラスチックを使いますが、裏側の大部分は金属となります。そしてその金属の部分は、鋳造と言って銀歯などを作るのと同じ技法を用いて作成されます。その寸法精度は先ほどのプラスチックよりもとても良いので、金属の薄さと相まってさらに良い装着感につながります。
そしてノンクラスプデンチャーは、保険の入れ歯と似た材料ですが、ショットといわれる技術で、圧力で型に押しこむような作り方をします。そのため変形が少なく、優れた装着感に繋がっています。

Q.「形」や性能はどのように違うのですか?

まず保険の入れ歯では、プラスチックが多く、使える針金によって支えの歯に負担がかかってしまいます。
それに対して金属床入れ歯では、舌の当たる部分をとても薄くできるので、装着感を良くしたり、発音しやすくしたりできます。また、針金の形も、特殊なものや自由度の高いものが使えるので、全体の剛性・強度が高いものが仕上がります。
そしてノンクラスプデンチャーでは、金属の針金を用いることなく、特殊な形で歯への引っかかりを作ります。そのため、保険の入れ歯であれば反対側に針金を回さなければならないようなケースでも、片側だけの小さい入れ歯で済むことがあります。

Q.入れ歯ができるまでどれくらい期間がかかるの?

入れ歯ができるまでには、最低4~5回の通院が必要となります。顎の状態や歯の本数、噛み合わせなどによっても変わってきます。入れ歯が完成してからも調整のために、何度か通院が必要です。

①型どり
 必要に応じて患者様に合った型どり器を製作、精密な型どりをする場合があります。
②咬み合わせの検査
 この作業が一番重要です。
③仮合わせ(見た目や咬み合わせの確認をします)
④完成
⑤調整(実際入れ歯を使っていただくと痛みや噛みにくいなどの症状が出ます。
   それを何回か調整します)

Q.入れ歯洗浄剤はどのようなものが良いのですか?

入れ歯洗浄剤には様々なものがありますが、基本的には歯科医院で販売されている物、市販されている物で性能的に大差があるわけではありません。しかし、当院で販売しているラバラックムースは、汚れやバイ菌がよく取れ、使いやすいので、お勧めしています。ご必要であれば、お気軽にお申し付けください。

インプラントについて

Q.インプラント治療とは?

歯が失われた場所に歯の根に代わるもの(人工歯根)を埋めておき、それが骨としっかり付いた段階で人口の歯をかぶせ、天然の歯が生えていた頃と同様の機能性と美しさを回復させる治療法です。素材はチタンで、金属アレルギーの心配がほとんどなく、骨と一体化する性質があります。部分的に抜けている方も、全ての歯が抜けてしまっている方にも最適な治療法です。

Q.インプラント治療の流れ(2回法の場合)

ここでは代表的な治療方法をご紹介しますが、この他にもいくつかの治療方法があります。

Q.どんな方におすすめですか?

一番奥の歯が抜けていて、ブリッジができない。

抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない。

ブリッジをするために健康な歯を削りたくない。

審美的に入れ歯を使うのに抵抗がある。

入れ歯の着脱がわずらわしい。

入れ歯が気持ち悪くて装着できない。

入れ歯が合わなくなった。

交通事故の外傷などで歯を失ってしまった。

*インプラント治療が適さない場合もあります。インプラント治療をご希望される方は、まず歯科医師に相談してください。

Q.インプラントの寿命は?

インプラントは、歯ぐきとなじみがよく、腐食しにくい丈夫なチタンを使用していますが、インプラント治療後のメンテナンスを怠ると天然の歯と同様、歯槽膿漏の状態になり、インプラントが抜け落ちることがあります。インプラントをする人は、特に口の中の衛生状態に気を付け、きちんと定期健診を受けることが、長持ちさせる秘訣です。

Q.インプラントは何歳までできる?

骨の状態がよければ80歳を超える人でも治療可能です。

Q.どのくらいの期間でできるの?

本数、処置の仕方、本人の骨の状態によって異なります。

Q.入院の必要はありますか?

通常、健康な方の場合ありません。

診療科目

診療時間

クレジットカードが使えます

医療費控除について

リンク